【タナックス】ツーリングも快適!おすすめのバイク用タンクバッグを紹介

バイクは荷物を載せることができないから不便と考えている方も多いと思いますが、タンクバックを使用すればスマホ、地図、雨具だって入れることができます。そこで今回は、タナックスのおすすめのバイク用タンクバッグを紹介します。

タンクバッグってなに?

タンクバックとは、バイクのタンクにつけるバッグのことです。ライダーのすぐ前にバッグがあるためバイクに乗ったまま開閉ができます。また、上部は透明になっており、地図やスマホも入れることができます。

タンクバックをつけるメリット

地図やスマホが見れる

タンクバッグを着ける最大のメリットが地図やスマホが見れることです。ハンドルにスマホを着けることもできますが、落下する可能性もあります。ですが、タンクバッグならその心配はありません。

荷物が入れられる

地図やスマホのほかにグローブ、飲み物、雨具、財布などの荷物を入れることができます。リュックをしてバイクに乗ればよいと思うかもしれませんが、リュックをして走行すると身体に負担がかかり疲労が増加します。快適な走行を重視するならタンクバッグがおすすめです。

料金所も手こずらない

高速道路や有料道路でお金を出すときにとても便利です。券やお金を入れておくところもついているため料金所も手こずりません。

タンクバッグを着けるデメリット

給油のときに邪魔

タンクバッグはタンクにつけることになるので給油のときには外す必要があります。ただ基本的にはマグネットで止まっているだけなので脱着は簡単です。

タンクに傷がつくことがある

タンクとバッグの接触部分が傷つくことがあります。とくにマグネットの接触部分は傷がつきやすいので、気になる方は吸盤式のものを検討してみましょう。

タナックスのおすすめタンクバック

タンクバッグGT

A4の地図がそのまま入る大きさでツーリングをサポートしてくれます。拡張が可能で最大で16Lまで収納ができ、ツーリングの際のちょっとしたお土産も安心して入れることができます。ただ、拡張した際は運転の邪魔になるので、緊急用程度に考えておくとよいです。

スラントタンクバッグM

ライディングの邪魔にならないスリムなタンクバッグです。容量は5.1Lですが、日帰りのツーリング程度ならこれぐらいがベストです。コインケースや高速券専用ポケットがライダー側についており、ライダーのことをしっかり考えた設計になっています。スーパースポーツなどの前傾姿勢になるバイクにもおすすめ。

オフロードタンクバッグ3

タンク形状が特殊なオフ車にもつけることができるます。4.5Lと容量は小さめですが、日帰りツーリング程度なら十分なスペースはあります。ただチャックの構造が悪く、開けた際にライダーとは反対側が開いてしまうのが残念ポイント。

マグレス5500S

こちらは吸盤式になっており、マグネットでタンクが傷がつくのが嫌な方におすすめです。容量は拡張することができ、最大で11Lまで収納できます。ツーリングマップルがぴったり入るのもグッドポイント。ただ、給油時の脱着がめんどうなのと、雨の日に使うのは向いてません。

スマホポケットクイックL

スマホだけつけられればいいという方に最適です。スマホはハンドルにもつけることができますが、落下が心配という方もいると思います。ちょっとしたお出かけにも使えますし、シートバッグやサイドバッグと併用すればロングツーリングにも使えます。

まとめ

タナックスのおすすめのタンクバッグを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。タンクバッグはライダーの前方にあるため安心感も強く、使い勝手も良いです。タンクバッグを検討しているのであれば、ぜひタナックスのタンクバッグを検討してみてください。