ダイエットに成功した私が感じた減量を続けるための12のコツ

ダイエットをしようと思っても続かない、何回も挑戦しているけど成功したことがないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、私の実体験をもとにダイエットを続けるためのコツを紹介していきます。

ダイエットを続けるコツ

①無理をしない

ほとんどの人がダイエットに失敗してしまう理由は、無理のしすぎです。今まで続けてきた食生活や習慣をすぐに変えることはできません。少しづつ変えていくことが重要なのです。ダイエットを始めようと思った日から食事制限、筋トレ、有酸素運動のすべて行えば続かないのは当然です。まずは食事、慣れてきたら運動というように徐々に行っていきましょう。

②しっかり食べる

ダイエットと聞いたら食事制限を思い浮かべる方が多いですが、重要なのは食べる量を減らすことではなく、食事の内容を変えることです。もちろん食べる量を減らせば体重も減ると思いますが、もとの食事に戻ったらすぐにリバウンドしてしまいます。そうならないためにも、食べるものを変えてましょう。

③運動はしなくてもいい

ダイエット = 運動と考えている方もいると思いますが、私がダイエットをやってみて感じたのは、運動はしなくても痩せられるということです。ダイエットで最も重要なことは食事です。できないのなら無理に運動はしなくてもかまいません。

④チートデイを作る

ある程度減量が進んだら週に一度だけ好きなものを好きなだけ食べるチートデイを作りましょう。そんなことをしたら努力が無駄になってしまうのではないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。同じような食事を続けていると身体が慣れてしまい体重が落ちにくくなります。再び脂肪燃焼のスイッチを押すためにも必要なのです。また、精神的にもかなり楽になり、モチベーションが上がります。ダイエットを継続するためには自分にご褒美を与えることも必要なのです。

⑤毎日身体をチェックする

朝起きたときに自分の身体をチェックするようにしましょう。全然変わっていないように思えてもあなたの身体は確実に変わっています。それを確認してモチベーションにつなげましょう。

⑥基礎代謝を知る

自分の基礎代謝を知ることはとても重要です。基礎代謝がわかれば自分がどれだけ食べてよいかがわかります。実際は自分が思っている以上に食べられることが多いです。無理のないダイエットをするためにも、自分の基礎代謝を把握しましょう。

⑦食事はできるだけ簡単なものをつくる

調理には時間をかけすぎないことが重要です。最初は時間をかけて作ることができても、それを継続するのは困難です。今はヘルシー志向が高まり、糖質ゼロ麺など、ダイエットに最適なものが手に入ります。そういったものを有効活用しましょう。

⑧食事は時間がある時に作り置きする

食事は時間がある時に作り置きしましょう。私の場合は、鶏むね肉を大量に買って一度に調理し、三日にわけて食べるようにしていました。茹でるだけ、焼くだけで済むものを大量に作り、パックに入れて冷蔵しておけば、いつでも食べることができます。できるだけ楽することがダイエットを続けることにもつながります。

⑨目標を決める

目標を決めることもダイエットを成功させるうえでは重要なことです。私の場合は久しぶりに高校の友人に会うことになり、それまでには絶対に痩せるという目標を立てていました。この目標のおかげで、それまでには絶対に痩せなくてはならないと自分を追い込むことができ、ダイエットを継続することができました。

⑩体重に一喜一憂しない

自分の体重に一喜一憂してはいけません。日々の減少は微々たるものであり、数値には表れにくいのです。また、水分量で体重は上下してしまうので、数日ではダイエットの成果を実感することはできません。昨日と今日の体重を比べるのではなく、一週間後、一か月後にどうなったかを比べ、日々の体重に一喜一憂しないようにしましょう。

⑪できれば筋トレもする

筋トレも並行して行うこともおすすめです。ダイエットをすると脂肪といっしょに筋肉も落ちてしまいます。できるだけ筋肉を落とさないようにすることで痩せやすい体を手に入れることができます。

⑫筋トレYouTuberを見る

ダイエットというのはつらく、どうしてもモチベーションが落ちてしまいます。そこでおすすめなのが筋トレYouTuberの動画です。彼らの減量している姿を見れば、自分のダイエットなんて大したことないと実感することができます。また、食事や筋トレの方法を紹介してくれるので、ダイエットに役立つ知識も得られます。

まとめ

減量を続けるコツを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。ダイエットはしたいけど続かないという方は多いと思います。そういった方に少しでも参考にしていただければと思います。