【150cc】中型小排気量が熱い!スクーターを中心におすすめのバイクを紹介する!

最近注目をされているのが、150ccです。中型バイクながら扱いやすさは125cc並みで、高速道路にも乗れるなど中型バイクの利点も持っています。そこで今回は、スクーターを中心に150ccのバイクを紹介していきます。

150ccの特徴

①女性でも扱いやすい

車体が軽量かつコンパクトなため女性でも扱いやすいです。最初から250ccはこわいという方もいると思うので、そういった方は150ccから乗ってみるのも良いと思います。

②高速道路も走れる

125ccと排気量はほとんど変わりませんが、150ccであれば高速道路にも乗ることができます。高速道路に乗れば長距離移動も楽になるので、街乗りが中心だけど時にはツーリングも楽しみたい方にはおすすめです。

③250ccと比べると非力

同じ中型である250ccと比べてしまうと非力であることは否めません。パワーやトルクを求める人は最初から250ccを購入した方が良いと思います。

④コスパはイマイチ

車両は安く手に入れやすいものが多いですが、維持費は250ccとそんなに変わらないのでコスパはイマイチかもしれません。維持費について詳しいく知りたい方は下の記事を参考にしてみてください。

150ccのバイクの月間維持費と年間維持費をざっくり計算してみた!【原付から大型まで】バイクの維持費を排気量ごとに比較してみた!

⑤逆輸入車が多め

インドやタイなどからの逆輸入車が多いです。スクーター以外の車種を買おうとすると大体は逆輸入車になると思います。ただ逆輸入車と言ってもSOXやYSPなど日本のバイク販売店で普通に購入することができるので心配する必要はありません。

スクーター

スクーターの特徴
  • 積載能力が高い
  • 扱いやすい車体
  • 長距離移動も快適

実用性の高さと扱いやすさから通勤や通学、ちょっとした買い物ならこれ一台で済ますこともできます。150ccでは最もラインアップが多く、自分にあったものを選択することができるため、非常におすすめです。

PCX150

PCX150 (ホンダ/2018) バイク・スクーター1週間インプレ・レビュー Vol.1 HONDA PCX 150 (2018) 1WEEK REVIEW
パワー
(3.5)
軽さ
(3.5)
足つき
(4.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(5.0)
エンジン水冷4ストロークOHC単気筒
最高出力15PS
最大トルク14N・m
車重131kg
シート高764mm

125ccのクラスでも非常に人気のモデルですが、150ccになるとさらに扱いやすさは向上します。125ccと比べ車重はわずか1kgしか変わりませんが、最高出量は3psほど上昇し、125ccよりさらにパワフルでトルクフルな走るが楽しめます。また、150ccモデルにはABSモデルもあるので、さらに安定した走行が可能です。

ADV150

ホンダADV150 [2019] 試乗インプレッション:上質なスマートSUV[大屋雄一のTOUCH&TRY MOVIE]
パワー
(4.0)
軽さ
(3.0)
足つき
(2.5)
価格
(2.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークOHC単気筒
最高出力15PS
最大トルク14N・m
車重134kg
シート高795mm

まるでアドベンチャーバイクのようなデザインと走行性能が魅力の特徴のバイクです。国産スクーターの中でもかなり異彩を放っており、街乗りに重点の置かれたスクーターが多い中、冒険心をくすぐられるような雰囲気を持っています。足回りにもこだわっており、荒れた路面でも快適に走行することができます。

マジェスティS

マジェスティSに2000km乗ってみた感想
パワー
(4.0)
軽さ
(2.5)
足つき
(2.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(3.5)
エンジン水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
最高出力15PS
最大トルク14N・m
車重145kg
シート高795mm

大人気モデルだった250ccのマジェスティCをコンパクトかつスポーティにしたような見た目が特徴のバイクです。LEDライナーやプロジェクターのハイビームを使用し、リアはモノサスペンションを採用するなど、とにかくスポーティさにこだわってるモデルです。

NMAX155

復活したNMAX155でツーリング!からの実燃費調査!byYSP横浜戸塚
パワー
(3.5)
軽さ
(4.0)
足つき
(4.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
最高出力15PS
最大トルク14N・m
車重128kg
シート高765mm

ヤマハにはマジェスティSもありますが、NMAX155のほうが約20kgほど軽く、こちらのほうが軽快に走ることが可能です。また足つきもこちらの方が良く、安心して乗ることができるだけでなく、ABSも標準装備されており、装備も充実しています。

トリシティ155

YAMAHA TRICITY 155で行くぜ高速道タンデム!関越道ぶらり旅・寄居PA編(下り)
パワー
(3.5)
軽さ
(1.5)
足つき
(4.0)
価格
(2.0)
おすすめ度
(3.5)
エンジン水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
最高出力15PS
最大トルク14N・m
車重165kg
シート高765mm

フロントが2輪のため抜群の安定性があるのが特徴です。雨天時など路面状況が悪いときでも安心して走ることができます。また、コーナーリングの安定感も抜群で、安心して曲がることが可能です。車体が大きく重いため取り回しに気を遣うことはあるかもしれませんが、普通のバイクとは違った乗り味が楽しめるバイクになっています。

ネイキッド

ネイキッドの特徴
  • シンプルなデザイン
  • 扱いやすい車体
  • 使い方を選ばない柔軟性

ネイキッドバイクはカウルがないバイクのことを言い、もっともスタンダードなモデルです。体を前傾させることなく乗ることができ、乗車位置も自然で扱いやすいものになっています。様々なシーンで使うことができ、初心者にもおすすめのジャンルです。 おすすめのネイキッド

ジクサー

【最高速】スズキ GIXXER(ジクサー)で大関さおりが最高速チャレンジ!
パワー
(3.0)
軽さ
(3.0)
足つき
(3.0)
価格
(5.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
最高出力14PS
最大トルク14N・m
車重135kg
シート高785mm

150ccクラスで話題になっているのがこのジクサーです。軽量かつコンパクトで低・中速域重視のエンジンは非常に扱いやすく、街乗りから高速走行まで幅広く使いこなすことができます。価格も安価で、エントリーユーザーにもおすすめできるモデルです。

XSR155

YAMAHA「XSR155」足つきインプレ&取り回しインプレ!(国内未発表モデル)※訂正:誤DOHC→正OHC
パワー
(5.0)
軽さ
(3.0)
足つき
(2.5)
価格
(2.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
最高出力19.3PS
最大トルク14.7N・m
車重134kg
シート高810mm

ヤマハの大人気モデルであるXSRシリーズの155ccモデルです。大型モデルのXSRをコンパクトにした見た目は非常に質感が高く、かなりコストがかかっていることがわかります。足つきはよくありませんが、155ccならではの軽さで片足さえつけばカバーできるのもこのモデルの魅力です。

MT-15

YAMAHA MT-15 試乗インプレッション!byYSP横浜戸塚
パワー
(5.0)
軽さ
(3.0)
足つき
(2.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
最高出力19.3PS
最大トルク14.7N・m
車重133kg
シート高810mm

ヤマハの大人気モデルであるMTシリーズの155ccモデルになります。MTシリーズ独特の攻撃的なデザインが非常によく表現されており、見た目のクオリティはとても高いです。また、最高出力も19.3psと高く、高速道路での走行も快適に行えます。

その他のおすすめ

YZF-R15

YZF-R15 (ヤマハ/2017) バイク1週間レビュー Vol.1 YAMAHA YZF-R15 (2017) BIKE 1WEEK REVIEW
パワー
(5.0)
軽さ
(2.5)
足つき
(2.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
最高出力19.3PS
最大トルク14.7N・m
車重142kg
シート高815mm

デザインは155ccとは思えないほど質感が高く、中型クラスのスーパースポーツと比べても見劣りしません。エンジンはXSR155やMT-15と同系列のものを使用しており、パワフルかつトルクフルな走りを体感することができます。非常に軽いため、スーパースポーツに乗りたいけど不安があるという方におすすめのモデルです。

KLX150BF

[New] Kawasaki KLX150BF | 2018-2019 | Black | SE
パワー
(2.5)
軽さ
(5.0)
足つき
(2.0)
価格
(2.5)
おすすめ度
(3.5)
エンジン空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
最高出力12PS
最大トルク11.3N・m
車重118kg
シート高825mm

150ccながら本格的なオフロードが楽しめるモデルです。KLXには125ccモデルもありますが、ホイールサイズが小さく、本格的なオフロードにはあまり向いていません。150ccモデルでは前後のホイールサイズはフルサイズの21インチと18インチを採用し、フロントには倒立サスペンションも装備され、125ccモデルと比べてパワーもあるため小排気量でオフロードを楽しみたい方にはおすすめです。

Dトラッカー150

【TS Motovlog #88】 ふたりで初オフ車(・∀・)!! KAWASAKI KLX150BF D-TRACKER150 SOX試乗【モトブログ】
パワー
(2.5)
軽さ
(5.0)
足つき
(1.5)
価格
(4.0)
おすすめ度
(3.5)
エンジン空冷4ストロークOHC2バルブ単気筒
最高出力12PS
最大トルク11.3N・m
車重120kg
シート高840mm

150ccのモタードという非常に珍しいモデルです。DトラッカーにはKLXと同様に125ccモデルのありますが、ホイールも小さく、本格的なモタードとは少し異なります。このモデルは前後に17インチの大径ホイールを採用し、本格的なスーパーモタードの走りを楽しむことができます。