【400cc編】人気のおすすめバイクを車種ごとにランキング形式で紹介!

400ccのバイクとは?

400ccのバイクは普通自動二輪免許で乗ることのできる最大排気量のバイクです。車検を通さなくてはいけないというデメリットはありますが、同じ中型で乗れる250ccよりもパワーもトルクもあるため、余裕を持って走ることができます。

おすすめの車種①:ネイキッド

ネイキッドの特徴
  • シンプルなデザイン
  • 扱いやすい車体
  • 使い方を選ばない柔軟性

ネイキッドバイクはカウルがないバイクのことを言い、もっともスタンダードなモデルです。体を前傾させることなく乗ることができ、乗車位置も自然で扱いやすいものになっています。様々なシーンで使うことができ、初心者にもおすすめのジャンルです。

おすすめのネイキッド

CB400SF

【速報~新型 CB400SF 試乗インプレッション/レビュー】旧型CBやCBR400Rとの違いは?Test ride/test drive/review/ulasan/评论/试驾/ทบทวน
パワー
(4.5)
軽さ
(3.5)
足つき
(4.0)
価格
(2.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
最高出力56PS
最大トルク39N・m
車重201kg
シート高755mm

普通自動二輪免許を取得している人なら誰でも乗ったことのあるバイクです。教習者は搭載していませんが、市販車はHYPER VTEC REVOを搭載しており、低中回転域では2バルブ、高回転域では4バルブに切り替わり、別の乗り物に変わります。乗る人を選ばず、誰にでもおすすめできるモデルです。

CB400SB

【試乗インプレ】CBはやっぱり最高のバイクでした【CBR250RR モトブログ】
パワー
(4.5)
軽さ
(3.5)
足つき
(4.0)
価格
(2.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
最高出力56PS
最大トルク39N・m
車重206kg
シート高755mm

こちらはCB400SFのハーフカウルモデルです。ハーフカウルがある分フロントの重量は増加していますが、高速巡行での安定性は非常に高く、ロングツーリングも快適に走ることができます。

GSR400

【Suzuki GSR400試乗インプレッション/レビュー/试乘/回顾】CB400SFやNINJA400/YZF-R3との差は?Test ride/drive/run
パワー
(5.0)
軽さ
(3.0)
足つき
(3.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
最高出力61PS
最大トルク39N・m
車重215kg
シート高785mm

GSX-R600のエンジンをベースに作られたモデルです。スーパースポーツ譲りのエンジンということもあり、最高出力は61psであり、400ccまでのクラスでは最も高いです。二本出しのセンターアップマフラーと丸目で二眼のテールライトが特徴的で、独特のスタイリングを楽しむことができます。

XJR400R

【モトブログ】#2 愛車紹介!XJR400 DJショート管 4HM
パワー
(4.0)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
最高出力53PS
最大トルク35N・m
車重199kg
シート高780mm

XJR400の上級モデルとして販売されていたのが、XJR400Rです。400ccでありながら、フロントブレーキにはブレンボ製キャリパー、リアサスペンションにはオーリンズ製を採用するなどとても豪華な装備が特徴です。400ccというクラスにとらわれない質の良い走りが体感できます。

ZRX400

【納車】ずっと待ってた!! 遂にZRX400納車!!【モトブログ】
パワー
(4.0)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
最高出力53PS
最大トルク37N・m
車重208kg
シート高770mm

KAWASAKIと言えば角目のビキニカウルのバイクを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ZZR400譲りのエンジンはとてもスムーズに加速し、カタログ値以上の加速感を味わうことができます。丸目のモデル(ZRX-Ⅱ)もあり、見た目の好みで選ぶことも可能です。

おすすめの車種②:スーパースポーツ

スーパースポーツの特徴
  • 軽量かつハイパワー
  • 先進的な装備
  • 姿勢は前傾がきつい

スーパースポーツはサーキットなどスポーツ走行をすることを前提に作られたジャンルです。軽量な車体にハイパワーエンジンを載せています。ライディングポジションは前傾姿勢がきつく、長時間の走行にはあまり適していません。

おすすめのスーパースポーツ

CBR400R

CBR400R (ホンダ/2018) バイク1週間インプレ・レビュー Vol.1 HONDA CBR400R (2018) 1WEEK REVIEW
パワー
(3.5)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
最高出力46PS
最大トルク38N・m
車重192kg
シート高785mm

エンジンは水冷直列二気筒を採用しており、ツインエンジン特有のパルス感のあるサウンドを体感することができます。また、装備が充実しており、ライト類はすべてLED、メーターはフル液晶タイプ、アシストスリッパークラッチを採用など先進的な技術が搭載されています。

Ninja400

【納車!】2018新型 NINJA400が来た!!【motovlog#1】
パワー
(3.5)
軽さ
(4.5)
足つき
(3.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
最高出力48PS
最大トルク38N・m
車重167kg
シート高785mm

車重が167kgと非常に軽く、とても扱いやすいのが特徴です。 車体サイズもNinja250と変わりませんが、エンジンはパワフルで、ひとまわり大きい車両に乗っていることを実感させてくれます。

YZF-R3

速報!2019新型 YZF-R3のファーストインプレッション!byYSP横浜戸塚
パワー
(3.0)
軽さ
(4.5)
足つき
(3.0)
価格
(4.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
最高出力42PS
最大トルク29N・m
車重170kg
シート高780mm

YZF-R25もありますが、こちらは排気量が大きいため、低中速域でさらに扱いやすくなっています。車体も軽く、フルカウルとしては前傾もきつくなく、街乗りからスポーツ走行まで楽しむことができます。また、フロントフォークには倒立サスペンションを採用しており、スポーティかつ快適なライディングが行えます。

おすすめの車種③:ストリートファイター

ストリートファイターの特徴
  • 攻撃的なデザイン
  • スーパースポーツ譲りのスペック
  • バーハンドルで運転がしやすい

ストリートファイターはネイキッドとスーパースポーツの中間に位置するジャンルです。フロントカウルをネイキッド風にしており、攻撃的な印象があります。エンジンはスーパースポーツ譲りのものを使用していることも多く、刺激的な走りを楽しむことができます。

おすすめのストリートファイター

Z-400

Z400を5カ月間で5000km乗った感想part1【モトブログ】
パワー
(3.5)
軽さ
(4.5)
足つき
(3.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
最高出力48PS
最大トルク38N・m
車重166kg
シート高785mm

車体はZ250と共通のものを使用しており、非常に軽いですが、エンジンはとてもパワフルです。Ninja400とほとんどの部分は共通していますが、こちらはバーハンドルを採用しており、誰にでも扱いやすいモデルになっています。

MT-03

MT-25 / MT-03 (ヤマハ/2015) バイク比較試乗インプレ・レビュー YAMAHA MT-25 / MT-03 (2015) TEST RIDE
パワー
(3.0)
軽さ
(4.5)
足つき
(3.0)
価格
(4.0)
おすすめ度
(3.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
最高出力42PS
最大トルク29N・m
車重166kg
シート高780mm

エンジンはYZF-R3と同じものを使用しており、低中速域も扱いやすくなっています。セパレートハンドルを使用しているYZF-R3に対して、こちらはアップハンドルを採用しているため、姿勢も前傾にならず、誰でも乗りやすいモデルになっています。

おすすめの車種④:クラシック

クラシックの特徴
  • クラシカルな外観
  • パワーはないが、軽量で扱いやすい
  • シートが低く、足つき性は良い

クラシックは、シンプルで昔ながらのバイクの外観をしており、非常におしゃれなのが特徴です。先進の装備などはついていないことが多いですが、車体は軽く扱いやすく、誰でも快適に乗ることが可能です。

おすすめのクラシック

SR400

SR400 35周年アニバーサリーモデル (ヤマハ/2013) バイク試乗インプレ・レビュー YAMAHA SR400 35th Anniversary Edition
パワー
(2.5)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.0)
価格
(4.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
最高出力24PS
最大トルク28N・m
車重175kg
シート高790mm

日本を代表するクラシックバイクです。始動方法はキックのみですが、新しいモデルはインジェクションが採用されていて、スムーズに指導することができます。スリムな車多にしては安定感があり、非常に扱いやすいモデルです。

CB400SS

CB400SS (ホンダ/2007) バイク試乗インプレ風レビュー・外観紹介 HONDA CB400SS (2007) MotoBasicさんオマージュ作品
パワー
(3.0)
軽さ
(4.5)
足つき
(3.0)
価格
(4.0)
おすすめ度
(3.0)
エンジン空冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
最高出力29PS
最大トルク31N・m
車重159kg
シート高790mm

SR400はキックスタートのみですが、こちらはセルスタートが可能です。SR400よりも軽く、パワーもトルクもあります。SR400に乗っている人はたくさんいるので被るのが避けたい人におすすめのクラシックバイクです。

W400

[motovlog] review #003 W400のご紹介!「モトブログ」
パワー
(5.0)
軽さ
(3.0)
足つき
(3.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(3.0)
エンジン空冷4ストロークSOHC4バルブ並列2気筒
最高出力29PS
最大トルク29N・m
車重193kg
シート高765mm

400ccのクラシックといえば、単気筒エンジンが多いですが、こちらは空冷の並列2気筒エンジンを採用しています。大型モデルのW650と外見が非常に似ており、所有感を満たしてくれます。車重は重めで、決してパワーがあるわけではありませんが、ゆっくり流して走るには非常におすすめです。

おすすめの車種⑤:アメリカン

アメリカンの特徴
  • ロー&ソングな外観
  • シートが低く、足つき性は良い
  • 車体は大きく重いため取り回しは悪い

アメリカンは、長い直線道路が多くあるアメリカなどで多く見られジャンルのバイクです。着座位置は低く、女性でも乗りやすいジャンルです。ハイパワーというよりは低速からのトルク感を楽しむものであり、ドコドコという重低音のサウンドを味わうことができます。

おすすめのアメリカン

ドラッグスター400

ドラッグスター400 (DS4/ヤマハ/2012) バイク試乗インプレ・レビュー YAMAHA Dragstar 400 REVIEW
パワー
(3.0)
軽さ
(2.0)
足つき
(5.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン空冷4ストロークSOHC2バルブV型2気筒
最高出力30PS
最大トルク31N・m
車重234kg
シート高660mm

250ccもモデルとは違い、車体は大きく、アメリカンらしい長くて低いデザインがしっかり表現されています。他のメーカーのアメリカンと比べると車重は軽く、足つきも非常に良いため女性にもおすすめできるモデルです。

シャドウ400

【一時代を築いた国産アメリカン】遅くても楽しい!?SHADOW400とは…
パワー
(3.0)
軽さ
(1.5)
足つき
(5.0)
価格
(4.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークOHC3バルブV型2気筒
最高出力33PS
最大トルク34N・m
車重248kg
シート高675mm

750ccと同等のボディを採用し、ファットな印象があります。エンジンはスティード400と同じものを使用しており、400ccのアメリカンの中ではパワーもトルクもあります。

その他のおすすめ車種

400X

バイク女子目線!Honda 400X 試乗・インプレしてみた【モトブログ】
パワー
(3.5)
軽さ
(3.0)
足つき
(2.5)
価格
(3.5)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
最高出力46PS
最大トルク38N・m
車重196kg
シート高800mm

エンジンはCBR400Rと同じものを使用しており、低中速回転はトルクフルで扱いやすいものになっています。LEDのライト類やアシストストッパークラッチなどの装備も同様です。 ただ、こちらはより快適に走ることに重点を置いており、19インチのフロントタイヤを装着するなどオフロードでもオンロードでも快適に走行することができます。

DR-Z400

【増車】DR-Z400SMの紹介!!
パワー
(3.0)
軽さ
(5.0)
足つき
(2.0)
価格
(2.0)
おすすめ度
(3.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力40PS
最大トルク39N・m
車重145kg
シート高870mm

オフロードモデルのDR-Z400Sをモタードモデルにしたものです。特徴的なのはそのパワーと軽さです。わずか145kgの車体と40psの高出力エンジンが合わさり、今までに体感したことのない走りを感じることができます。

390 DUKE

【 KTM 390DUKE】足つきインプレ編(2018年モデル)
パワー
(3.5)
軽さ
(4.5)
足つき
(2.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(3.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力44PS
最大トルク37N・m
車重149kg
シート高830mm

オーストラリアのバイクメーカーであるKTMのバイクです。オレンジのデザインが非常に特徴的なバイクです。軽い車体に高出力のエンジンを載せており軽快な走りを見せます。外車ですがカスタムパーツも豊富にあり、日本車と同様にカスタムすることができます。