【250cc編】人気のおすすめバイクを車種ごとにランキング形式で紹介!

250ccは初心者から上級者まで誰でも楽しむことができる排気量であり、通勤や通学の足としてだけでなく、ツーリングでも活躍してくれます。そこで今回は、250ccの人気のおすすめバイクを車種ごとにランキング形式で紹介します。

250ccの特徴

①ラインアップが豊富

250ccはラインアップが多く、さまざまな車種から自分にあったものを選ぶことができます。その中でも現行のスーパースポーツと絶版車の4気筒ネイキッドは 人気があります。

②車検がない

バイクは250ccまでは車検がありません。そのため維持費も大きく変わります。また、バイクにもよりますが、タイヤなどの消耗品も250ccまでであれば比較的安く手に入ります。維持費について詳しく知りたい方は下の記事を参考にしてみてください。

250ccのバイクの月間維持費と年間維持費をざっくりと計算してみた!【原付から大型まで】バイクの維持費を排気量ごとに比較してみた!

③価格の幅が大きい

これはバイク全般に言えることですが、価格の幅が非常に大きいです。特に250ccはそれが目立ちます。20万円程度で買えるものから70万円程度するものまであり、「70万もするならもっと排気量の大きいバイクの方がいいかも」と悩まされることもあるので、熟考しましょう。

ネイキッド

ネイキッドの特徴
  • シンプルなデザイン
  • 扱いやすい車体
  • 使い方を選ばない柔軟性

ネイキッドバイクはカウルがないバイクのことを言い、もっともスタンダードなモデルです。体を前傾させることなく乗ることができ、乗車位置も自然で扱いやすいものになっています。様々なシーンで使うことができ、初心者にもおすすめのジャンルです。 250ccネイキッドのおすすめ

1位 HORNET

【未だに超人気】ホーネット250を久々にブン回してみた【懐かしい】
パワー
(5.0)
軽さ
(3.0)
足つき
(3.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
最高出力40PS
最大トルク24N・m
車重168kg
シート高745mm

CBR250RR譲りのエンジンは40psを発生します。また、リアタイヤは大型バイクと変わらないサイズのものを採用しており、リアからの見た目はとても迫力があります。今でも非常に人気が高く、中古車でもかなりの値段はしますが、250ccの4気筒エンジンを味わってみたい方には非常におすすめのモデルです。

2位 BALIUS-Ⅱ

#1【バリオス2】【バイク納車】~初バイク✖︎初納車!CRF250Lに乗りタンデムで引き取りへ~
パワー
(5.0)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.5)
価格
(3.5)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
最高出力40PS
最大トルク20N・m
車重151kg
シート高745mm

先ほど紹介したHORNETのライバル車です。最高出力は同じく40psで、こちらも水冷4気筒エンジンを積んでいます。甲高いエンジンサウンドが特徴的でまるでF1マシンが走っているようなサウンドが楽しめます。

3位 VTR250

VTR (ホンダ/2014) バイク試乗インプレ・レビュー HONDA VTR (2014) TEST RIDE
パワー
(3.5)
軽さ
(3.0)
足つき
(3.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒
最高出力30PS
最大トルク22N・m
車重160kg
シート高735mm

サイドフレームが特徴的なバイクです。パワー、取り回し、燃費など、どれをとっても優秀でバランスがとれており、誰にでも扱うことができます。ハーフカウルを装着したVTR250Fもあるので長距離ツーリングを行う方はそちらもおすすめです。

スーパースポーツ

スーパースポーツの特徴
  • 軽量かつハイパワー
  • 先進的な装備
  • 姿勢は前傾がきつい

スーパースポーツはサーキットなどスポーツ走行をすることを前提に作られたジャンルです。軽量な車体にハイパワーエンジンを載せています。ライディングポジションは前傾姿勢がきつく、長時間の走行にはあまり適していません。 おすすめのスーパースポーツ

1位 CBR250RR

CBR250RR (ホンダ/2017) バイク試乗インプレ・レビュー HONDA CBR250RR (2017) TEST RIDE
パワー
(5.0)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.0)
価格
(2.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
最高出力38PS
最大トルク23N・m
車重165kg
シート高790mm

現行の国産バイクで最速と言われているのがこのバイクです。デザイン、装備、スペックまで何一つ妥協してる点がありません。国産の250ccスーパースポーツの中で唯一走行モードの切り替えが可能で、走行シーンに合わせてランディングモードを変えることができます。

2位 YZF-R25

YZF-R25 新旧比較試乗インプレッション!byYSP横浜戸塚
パワー
(4.5)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
最高出力35PS
最大トルク23N・m
車重167kg
シート高780mm

スーパースポーツというカテゴリーにおいて外せないのが、YZFシリーズです。フロントには倒立サスペンションを採用し、しなやかで軽快な走りを見せます。ハンドリングも非常によく、扱いやすいモデルです。

3位 Ninja250

新型Ninja250は全く別物だった!?|kawasaki Ninja250 2018
パワー
(5.0)
軽さ
(3.5)
足つき
(2.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
最高出力37PS
最大トルク23N・m
車重166kg
シート高795mm

Ninja250は並列二気筒エンジンを採用しており、CBR250RRやYZF-R25とは違った独特のパルス感を味わうことができます。また、最高出力も37psと非常に高く、パワフルな走るができるのも魅力です。

4位 GSX250R

GSX250R (スズキ/2017) バイク試乗インプレ・レビュー SUZUKI GSX250R (2017) TEST RIDE
パワー
(3.0)
軽さ
(2.5)
足つき
(2.5)
価格
(4.0)
おすすめ度
(3.5)
エンジン水冷4ストロークSOHC2バルブ2気筒
最高出力24PS
最大トルク22N・m
車重178kg
シート高790mm

見た目はスーパースポーツですが、落ち着いた走りができるのがこのバイクの特徴です。エンジン出力も24psと高いわけではないですが、とても扱いやすく街乗りも快適に行うことができます。価格もかなり抑えられており、ビギナーや女性にもおすすめできるモデルです。

ストリートファイター

ストリートファイターの特徴
  • 攻撃的なデザイン
  • スーパースポーツ譲りのスペック
  • バーハンドルで運転がしやすい

ストリートファイターはネイキッドとスーパースポーツの中間に位置するジャンルです。フロントカウルをネイキッド風にしており、攻撃的な印象があります。エンジンはスーパースポーツ譲りのものを使用していることも多く、刺激的な走りを楽しむことができます。 ストリートファイターのおすすめ

1位 MT-25

MT-25 / MT-03 (ヤマハ/2015) バイク比較試乗インプレ・レビュー YAMAHA MT-25 / MT-03 (2015) TEST RIDE
パワー
(4.5)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.0)
価格
(3.5)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
最高出力35PS
最大トルク23N・m
車重166kg
シート高780mm

YZF-R25とプラットフォームは同じです。フロントが軽い分こちらのほうが軽快に走ることができます。バーハンドルになっており、前傾もきつくないので視界も広く、非常に扱いやすいモデルになっています。

2位 Z250

Kawasaki New Z250 (2019) Test Ride Vol.2 カワサキ 新型Z250 バイク試乗インプレ・レビュー
パワー
(5.0)
軽さ
(3.5)
足つき
(2.5)
価格
(3.5)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
最高出力37PS
最大トルク23N・m
車重164kg
シート高795mm

Ninja250とプラットフォームは同じです。Ninja250と同様に並列二気筒エンジンの独特のパルス感を味わうことができます。バーハンドルを採用し、Ninja250と比べ前傾もきつくなく扱いやすいモデルです。

アドベンチャー

アドベンチャーの特徴
  • 見塗装路も快適に走れる
  • 長距離ツーリングも楽にこなせる
  • シートが高く、足つき性は悪い

アドベンチャーは、オフロードとオンロードの両方をを長距離走行できるように作られたジャンルです。オフロードを走ることもあるため着座位置は高いですが、長距離移動が快適に行えるように風防などが装着されています。 おすすめのアドベンチャー

1位 Vストローム250

Vストローム250 ABS (スズキ/2018) バイク1週間インプレ・レビュー Vol.1 SUZUKI V-Strom250 ABS (2018) 1WEEK REVIEW
パワー
(3.0)
軽さ
(2.0)
足つき
(2.0)
価格
(3.5)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークSOHC2バルブ2気筒
最高出力24PS
最大トルク22N・m
車重188kg
シート高800mm

ウインドスクリーン、サイドケースアタッチメント、ナックルカバーなど充実した装備が魅力的なモデルです。街乗りから長距離ツーリングまで快適にこなすことができます。エンジンはGSX250Rと同じものを採用していてしっとり走りができ、とても扱いやすいモデルです。

2位 VERSYS X 250 TOURER

ヴェルシスX250ツアラー (カワサキ/2018) バイク1週間インプレ・レビュー Vol.1 Kawasaki VERSYS-X 250 TOURER (2018) 1WEEK REVIEW
パワー
(4.5)
軽さ
(2.0)
足つき
(1.5)
価格
(2.5)
おすすめ度
(3.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
最高出力33PS
最大トルク21N・m
車重183kg
シート高815mm

フロントが19インチ、リアが17インチの本格なアドベンチャーバイクです。エンジンはNinjaと同系列のものを使用しており、最高出力は33psと高いものになっています。パニアケースも標準で装備されており、長距離ツーリングも快適に行うことができます。

クラシック

クラシックの特徴
  • クラシカルな外観
  • パワーはないが、軽量で扱いやすい
  • シートが低く、足つき性は良い

クラシックは、シンプルで昔ながらのバイクの外観をしており、非常におしゃれなのが特徴です。先進の装備などはついていないことが多いですが、車体は軽く扱いやすく、誰でも快適に乗ることが可能です。 おすすめのクラシック

1位 エストレヤ

カワサキさんのエストレヤで遊んでいます#1~パニアケースが付けたいんじゃ!の巻
パワー
(2.0)
軽さ
(3.0)
足つき
(4.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン空冷4ストロークOHC2バルブ単気筒
最高出力18PS
最大トルク18N・m
車重161kg
シート高735mm

デザインがとにかく美しいのがこのバイクの特徴です。決して速いバイクではありませんが、非常に存在感があり、完成された見た目をしています。車体が軽く取り回しも楽なので、女性にもおすすめできるモデルです。

2位 ST250 Eタイプ

愛車『ST250E』の紹介【モトブログ】【ST250/TU250】
パワー
(2.0)
軽さ
(4.5)
足つき
(4.5)
価格
(4.5)
おすすめ度
(3.0)
エンジン空冷4ストロークOHC2バルブ単気筒
最高出力19PS
最大トルク21N・m
車重146kg
シート高770mm

とにかくシンプルなデザインをしているのがこのバイクの特徴です。車重も146kgと非常に軽く、バイクを押して歩くことも容易に行えます。飾り気のないシンプルなデザインのバイクが欲しいという方におすすめのモデルです。

3位 GB250 クラブマン

お散歩Quarter GB250 クラブマンの購入をお考えの方へ 愛車の長所と短所
パワー
(4.0)
軽さ
(4.5)
足つき
(4.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン空冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力30PS
最大トルク25N・m
車重146kg
シート高755mm

クラシックでありながらスポーティさを併せ持っているのがこのバイクの特徴です。軽量な車体ながらエンジンの最高出力は30psと高く、高速走行が得意ではないクラシックにおいては非常に魅力的なモデルです。

オフロード

オフロードの特徴
  • オフロードもオンロードも走れる
  • 軽量で扱いやすい
  • シートが高く、足つき性は悪い

オフロードは、主に未塗装路を走行するために作られたものです。大径のホイールに長いサスペンションが特徴的で、オフロードでは非常に高い走行性能を見せます。車体は軽いため扱いやすいですが、長距離走行にはあまり向いていません。 おすすめのオフロード

1位 セロー 250

セロー250 (ヤマハ) バイク試乗インプレ・レビュー YAMAHA SEROW 250 (XT250) TEST & REVIEW
パワー
(3.0)
軽さ
(5.0)
足つき
(2.0)
価格
(3.5)
おすすめ度
(4.5)
エンジン空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
最高出力20PS
最大トルク20N・m
車重133kg
シート高830mm

オフロード走行はもちろん、ツーリングから街乗りまで何でもこなすことができるのがこのバイクの特徴です。パワフルさはそこまでありませんが、軽量で頑丈なボディはバイクとの一体感を味わうことができます。ビギナーから上級者まで誰もが楽しめるモデルです。

2位 WR250R

ヤマハ WR250R バイク試乗インプレ・レビュー YAMAHA WR250R TEST & REVIEW
パワー
(4.0)
軽さ
(5.0)
足つき
(1.0)
価格
(1.5)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力31PS
最大トルク24N・m
車重132kg
シート高895mm

オフロードにおけるYZF-R1というだけあり、最高出力は31pと非常に高いものになっています。シート高が非常に高く乗り手を選びますが、高性能なオフロード車に乗りたいという方には非常におすすめのモデルです。

3位 KLX250

KLX250 (Kawasaki/2013) バイク試乗インプレ・レビュー Kawasaki KLX250 (KLX250SDF) REVIEW
パワー
(3.0)
軽さ
(5.0)
足つき
(1.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力24PS
最大トルク21N・m
車重136kg
シート高890mm

フロントは倒立サスペンションで前後のサスペンションとも調節が可能など、非常にコストがかかっているのがこのバイクの特徴です。オフロードの中でもスポーティな味付けでビギナーだけでなく、ベテランの方まで楽しむことができるモデルです。

4位 CRF250 RALLY

CRF250 ラリー (ホンダ/2017) バイク1週間インプレ・レビュー Vol.1 HONDA CRF250 RALLY (2017) 1WEEK REVIEW
パワー
(3.0)
軽さ
(3.5)
足つき
(3.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力24PS
最大トルク23N・m
車重157kg
シート高895mm

ABSやウインドスクリーンが装備されているなど、アドベンチャーよりのオフロードバイクというのがこのバイクの特徴です。シートの高さが830mmのローダウンモデルもあり、足つきに不安がある人はそちらを選択することもできます。先進の技術が装備されているものが欲しい方におすすめのモデルです。

5位 トリッカー

ヤマハ トリッカー バイク試乗インプレ・レビュー YAMAHA TRICKER(XG250) TEST&REVIEW
パワー
(3.0)
軽さ
(5.0)
足つき
(2.0)
価格
(4.0)
おすすめ度
(3.0)
エンジン空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
最高出力20PS
最大トルク20N・m
車重127kg
シート高810mm

セローの姉妹車ですが、オフロードを走るということよりもタウンユースを意識して作られています。車体は軽く、シート高も低いためより誰でも扱いやすいモデルになっています。タンク容量が7.0Lと少なく、高速走行や長距離走行はやや不向きです。

アメリカン

アメリカンの特徴
  • ロー&ソングな外観
  • シートが低く、足つき性は良い
  • 車体は大きく重いため取り回しは悪い

アメリカンは、長い直線道路が多くあるアメリカなどで多く見られジャンルのバイクです。着座位置は低く、女性でも乗りやすいジャンルです。ハイパワーというよりは低速からのトルク感を楽しむものであり、ドコドコという重低音のサウンドを味わうことができます。 おすすめのアメリカン

1位 Rebel250

「新型レブル250」試乗インプレション 高速編(HONDA rebel250)
パワー
(3.5)
軽さ
(3.5)
足つき
(5.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力26PS
最大トルク22N・m
車重168kg
シート高690mm

現在はあまり人気のないアメリカンですが、そんな中で非常に人気があるのがRebelです。シンプルなデザインですが、とてもおしゃれで誰でも様になってしまうのがこのバイクの特徴です。足つきもよく、軽いので女性にもおすすめできるモデルです。

2位 Vツインマグナ

【バイク】HONDA V-twin MAGNA 未だに人気の絶版車!
パワー
(3.5)
軽さ
(2.0)
足つき
(5.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒
最高出力27PS
最大トルク23N・m
車重184kg
シート高690mm

エンジンはVTR250と同じ系統のものを使用しており、非常に扱いやすく、独特の鼓動感を楽しむことができます。デザインもディッシュホイールをリアに採用するなど細かい部分までこだわって作られており、デザインから走りまで非常にバランスの取れたモデルです。

3位 ドラッグスター250

ドラッグスター250について
パワー
(3.0)
軽さ
(3.5)
足つき
(5.0)
価格
(3.0)
おすすめ度
(3.5)
エンジン空冷4ストロークOHC2バルブV型2気筒
最高出力20PS
最大トルク19N・m
車重160kg
シート高670mm

軽くスリムな車体で非常に取り回しが良いのが特徴です。パワーはそこまではありませんが、燃費がとてもよく、足つきも良好なモデルです。アメリカンでゆっくり流したい人には非常におすすめのモデルです。

ビッグスクーター

ビッグスクーターの特徴
  • 生記載能力が高い
  • シートが大きく、二人乗りがしやすい
  • 車体は大きく重いため取り回しは悪い

ビッグスクーターは、シート下に大容量のスペースが設けられており、大量の荷物を積載することが可能です。車体は大きく重いので取り回しはあまりよくありませんが、ホイールベースが長いため直進安定性はとてもよく、長距離も快適に走ることができます。

1位 フォルツァ

【試乗インプレ】快適すぎるバイクのフォルツァを乗ってきたよ!【CBR250RR モトブログ】
パワー
(3.5)
軽さ
(2.0)
足つき
(2.5)
価格
(2.0)
おすすめ度
(4.5)
エンジン水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
最高出力23PS
最大トルク24N・m
車重184kg
シート高780mm

スマートキー、ABS、電動式スクリーン、トルクコントロール、ライト類はすべてLEDなどHondaの先進の装備が盛り込まれています。装備が充実しているだけでなく、エンジンもパワフルかつトルクフルで快適な走行ができ、この一台があればすべてのことが行うことができます。

2位 XMAX

XMAX (ヤマハ/2018) バイク・スクーター1週間インプレ・レビュー Vol.1 YAMAHA XMAX (2018) 1WEEK REVIEW
パワー
(3.5)
軽さ
(2.5)
足つき
(2.0)
価格
(2.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
最高出力23PS
最大トルク24N・m
車重179kg
シート高795mm

TMAX530を思わせるようなスポーティなフォルムが特徴的なバイクです。ヤマハのビッグスクーターと言えばマジェスティが有名でしたが、このXMAXはマジェスティよりも軽量なだけでなく、最高出力も5ps上がっています。スポーティで利便性の高いバイクが欲しいという方におすすめのモデルです。

3位 バーグマン200

バーグマン200の2万km実走インプレッション。L6オーナーによるレビュー。スズキ burgman200 ハスフォー #183
パワー
(3.5)
軽さ
(2.5)
足つき
(2.0)
価格
(2.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
最高出力23PS
最大トルク24N・m
車重179kg
シート高795mm

軽量でコンパクトですが、荷物がたくさん入るのがこのバイクの特徴です。先進的な装備はありませんが、日常的に使うには十分なスペックがあり、非常に扱いやすいです。コンパクトかつ利便性が高いビックスクーターに乗りたいという方におすすめのモデルです。

その他のおすすめ車種

CB250R

CB250R (ホンダ/2018) バイク1週間インプレ・レビュー Vol.1 HONDA CB250R (2018) 1WEEK REVIEW
パワー
(3.5)
軽さ
(4.5)
足つき
(2.5)
価格
(3.0)
おすすめ度
(4.0)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力27PS
最大トルク23N・m
車重144kg
シート高795mm

シンプルなデザインですが、とても品があり、大人なデザインをしているバイクです。装備も充実していて、ABS、倒立サスペンション、液晶メーター、ライト類はすべてLEDなど、かなりコストがかけられています。シート高は少し高めですが、非常に軽量なため不安感もなく、女性でも安心して乗ることができます。

Dトラッカー

D-TRACKER X (Kawasaki/2012) バイク試乗インプレ・レビュー Kawasaki D-TRACKER X (KLX250SF) REVIEW
パワー
(3.5)
軽さ
(5.0)
足つき
(2.5)
価格
(3.5)
おすすめ度
(3.5)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力29PS
最大トルク25N・m
車重119kg
シート高865mm

KLX250の姉妹車で、モタードモデルになります。KLX250とはキャラクターが異なり、車体はより軽く、パワフルになっています。長距離走行にはあまり向いてはいませんが、軽くスリムな車体は非常に扱いやすく、軽快な走りができるため今でも非常に人気のモデルです。